労働のお知らせがGREEで友人によって筆談される中、お金を稼ぐ情報を基本的に試験対策しているので、同士に教えることにする。しかし、お金を稼ぐ先生の講義の理念はお客さんが稼ぐ仕方を習得することだが、情報を押し売りしているインフォプレナーの原田翔太だけがお金を稼ぐ仕組みだ。販売している商品には実体は無く成功したとしてもそれは一般的に詐欺師とよばれる無職になるだけある。

彼らはオフラインではあしたには嫌われ批判され淘汰されるであろう、そもそも正規のビジネスの正しい原則からは外れているに違いない。そして、情報商材を売捌いている仕事は体を傷つけ人間としての尊厳と人生の時間を失う自暴自棄的な人格の人間に成り下がり、大切なものを失うだろう。お金を稼ぐ原則はきみにとってもあたいにとっても発展できる価値があるものである商品を販売している必要性がある。